小さな子どもに楽しくスキーを教える方法【前編】

Masakiです。

一時期、長野のスキー場でインストラクターとして、3歳から中学生くらいのキッズ、ジュニアにレッスンしてました。

正確には分かんないけど500人くらいは教えたかなぁ

数千人、数万人のレッスンをこなしたベテランインストラクターは沢山いらっしゃるわけで、Masakiの教えた人数なんて大したことはないんですが…

今回はその時の経験を記事にして投稿してみようかと思います。

さて…

 

 

小さな子供が楽しく滑るには

 

2016.03.14a

子どもへのスキーの教え方について、以前、記事を書いたことがあります。

久々に読み返してみたのですが、近年実践していることと異なっている部分がちらほらあったんだよね。やっぱりアップデートって大事ですな(笑)

そんなわけで、その記事を元に、全4編に再編集してみました。

 

前編…雪の上に立つ前に

中編…滑る、止まる

後編…曲がる

ちょっとしたコツ編

 

一編一編はそこまで長くないので、お時間がある時に是非読んでみて下さい。

今回は、「雪の上に立つ前に」と題して書いてみたいと思います。

小さな子供がスキーを楽しく練習してくれるかどうか…

 

 

勝負はスキー場に行く前から

始まるんだよ(笑)

 

 

天気について

スキーデビューの日、とにかくこの1日をめちゃくちゃ大事にして下さい。

子どものスキー人生が、この1日に左右されると言っても過言ではありません。

できれば晴れの日!最低でも大雪の日、吹雪の日は避けて下さい。

吹雪ちゃって極寒、おまけにコケて雪まみれになんかなっちゃったら、二度と一緒に行ってくれないかもしれません。「また行きたい」と言ってくれるように、とにかく気を遣いましょう。

スキー場に行ってみたものの猛吹雪なんて場合は…

子どもにもよりますが、初スキーを諦める勇気も必要です。

初日は何が何でも「楽しさ」を優先した方が賢明です。

 

 

スキー場選びについて

 

初めて訪れるスキー場選び、これも非常に重要だよね。

ブーツを履いたロボットみたいな状態で駐車場から長距離歩行を強いられ、到着したらリフトもゲレンデも激混み、滑ろうと思ったら緩斜面がほとんどない… みたいなスキー場じゃ子どもが楽しんでくれる可能性は激減しちゃいます。

具体的に、重要な条件をまとめてみたんで、このあたりに気をつけてスキー場を選んでみて下さい♪

・晴天率が高い
・駐車場からゲレンデが近い
・混雑していない(特にリフト)
・緩斜面のロングコースがある
・短くてもいいので、超緩斜面がある(キッズパークでも可)
・緩斜面に3~4人乗りリフトがかかっている(パパママ両方と一緒に乗れる)
・レストハウスが広い(休み時間にくつろぎやすい)

こういう情報はインターネットでいくらでも調べられます。小さな子供のいるファミリーにとって快適なスキー場は昔に比べて大分増えているんじゃないかな。少しでもよい条件のスキー場を探しましょう。

簡単に探すなら、「ファミリー向け」をキャッチコピーに掲げているスキー場で、「空いている」って口コミが見つかれば、有力候補としていいんじゃないかと思います。

 

 

重要な大前提

 

パパママ両方が初心者の場合は、素直にスキースクール入校を検討してもらった方がいいと思います。せめてパパママの片方は、中級斜面でパラレルターンができるくらいでないと、子どもを教えるのは難しいですし、なにより子どもが危ないと思います。

 

 

スキーは何歳から滑れるのか?

 

インストラクター時代も、今もよく聞かれる質問です。

 

逆に「何ができたら」スキーができるということになるの?

 

ってとこなんだけど…

とりあえず、ブカブカでもいいからブーツを履かせて、板装着して、限りなく真っ平らなところで、パラレルスタンスの低速直滑降でいいなら1歳からいけるんじゃない?
(パラレルスタンスとは「板を平行にするスタンス」のことね)

スポーツじゃなくレクリエーションだけどね。もちろん、これが悪いなんて言うつもりはありません。ただ、これで「スキーができる」とは言えないかと^^;

Masaki的には、緩斜面限定でもいいので、スキーの超基本三大運動の滑る、止まる、曲がるが可能であれば「スキーができる」って言っていいんじゃないかと思います。

 

で、それは結局何歳からできるのか?

 

教えられる側の子供、教える側の大人、両方に大きく左右されるでしょ~ね~

2歳半くらいからいける場合もあるし… 現実的には3歳くらいからですね。

 

 

道具の準備

 

小さな子どもの場合、スキーは購入でもレンタルでも、どちらでもOKでしょう。

新品にこだわりがない方は、ネットオークションや携帯フリマアプリとかもアリですね。

上物が購入できれば、ビックリするくらいのお得感がありますよ。成長の早さを考えれば、シーズンレンタルってのもアリだね。

 

 

最初の板は短いものがお薦めです。5歳未満で初めてのスキーなら、身長マイナス10cmくらいが目安かな。大きくなることを見込んで購入するとしても身長より長いスキーを購入するのは避けて下さい。

小学校入学前の子供の場合、滑りを最優先するんであれば、身長マイナス5~10cmの板を毎年準備するのがベストじゃないかな。

レンタルの場合は、必ずカービングスキーを貸してくれる所を探しましょう。

今も極稀にカービングスキーではないスキーを貸しているところがありますから… 滑りやすさの前に、古すぎる道具は経年劣化が心配すぎます。道具が原因で怪我とかは絶対避けたいですよね。 あっ、ストックはいりません(笑)

ブーツは、足の実寸プラス0.5cmくらいが目安ですね。

できれば靴下にもこだわって下さい。

綿ではなく、化繊でブーツから靴下が見えるような長めのものがいいですよ。化繊は綿と比べて一本の糸が細いので、ブーツをある程度締めていっても、繊維が足へ食い込んでいくことによる痛みを避けることができます。

ブーツのバックルは、少しづつ締めていってあげて、大人の人差し指がスムースに入る限界まで締めるくらいがいいと思います。

スキー、ブーツのレンタルはどこのスキー場でも大丈夫だと思いますが、ウェア、グローブ、ゴーグル、ニットキャップ、ヘルメットとかはレンタルする場合、事前調査が必要ですね。

多分、買う人の方が多いんじゃないかな。

買う場合、「雪遊び」ではなく「滑る」を前提にするのであれば、グローブだけは高級品を買うことをオススメします。

ピンポイントで1個オススメするならコレですね。

 

 

手は厚着をすることができないから、子どもが寒さを一番感じやすいんだよね。

安価なグローブはやっぱり防寒能力は低いです。ウェアは安物でも厚着すれば最低限は働いてくれます。

ちなみに、「雪遊び」を前提にした場合、逆にグローブはセール品を3個くらい買うことをオススメします。濡れたらすぐに交換できますから。

 

 

もう一個準備してほしいもの

 

ごく普通のスキー道具以外に、是非準備してほしいものが1つあるのです。

ボーゲンヘルパーのようなスキーの先をジョイントしてくれる補助具です。

 2016.03.14b

これを使うことに、色々な意見があります。

そもそも使用に否定的な意見もありますし、使ってもいいけどできるだけ早く外すって意見もよく聞きます。

 

 

Masakiは超推奨派です。

 

 

筋力のない小さな子どもが、ももを内側に捻って、プルークスタンス(いわゆる板を三角にする状態、一般の人はよくボーゲンと呼ぶスタンス)をキープしつつ、雪を掻き分けるのはかなりの重労働です。

ボーゲンヘルパーがなくても、問題なくプルークスタンスを取れる子はいます。でも、スキー歴の浅い子が、その状態を長時間キープするのは容易じゃありません。

つまり…

 

 

滑る本数が減ります!

 

 

滑る本数が減るってことは、上手くなるまでに日数がかかるってことです。

Masaki的には、中級斜面で、明確に「スピードを上げたい」って動きを見せるくらいになるまで、ずっと付けてていいと思ってます。

楽ならず~っとつけててもいいじゃないですか(笑) 子供は滑れば滑るほど上手くなりますから♪

 

 

まとめ

 

ということで、今回は「小さな子どもに楽しくスキーを教えるために必要な事前準備や知識」について書いてみました。

まとめると…

 

・デビューの日は、できれば晴れの日、最低でも大雪の日、吹雪の日は避ける。

・子供が滑りやすいスキー場をインターネット等を使ってしっかり調べる。

・パパママ両方が初心者の場合は、スキースクール入校を検討する。

・基本動作(滑る、曲がる、止まる)ができるのは早くても2歳半くらいから。

・最初の板は、身長マイナス5~10cmくらいの短い板がオススメ。

・ブーツサイズは、足の実寸プラス0.5cmくらいを目安にする。

・靴下は、化繊でブーツから靴下が見えるような長めのものがオススメ。

・厚着をすることができないので、グローブだけは高級品を買う。

・ボーゲンヘルパーのようなスキーの先をジョイントしてくれる補助具を準備する。

 

こんな感じです。

次の投稿では「滑る、止まる」に関して、詳しく説明したいと思います。興味を持って頂けた方は、下のリンクをクリック or タップ してみて下さい。よろしくお願い致します。

 

中編…「滑る、止まる」について書いてみました。

 

後編…「曲がる」について書いてみました。

 

ちょっとしたコツ編…「ちょっとしたコツ」をまとめてみました。

Pocket

関連記事

ID OneのMR-Dがコブ初心者に勧められない理由って何?

Masakiです。 携帯を修理に出してみました。有償修理になる場合は、保証を使って、ほぼ新

記事を読む

小さな子どもに楽しくスキーを教える方法【後編】

Masakiです。 LEGIT WORKSには、スキー場やスキー道具、イベント等、スキー関係の

記事を読む

小さな子どもに楽しくスキーを教える方法【ちょっとしたコツ編】

Masakiです。 前に開催されたのポイントキャンペーンの時に、ヤフオクで買い物をしました。そ

記事を読む

小さな子どもに楽しくスキーを教える方法【中編】

Masakiです。 今シーズンも少しづつ終わりが見えてきましたね。毎年この時期ちょこっとだけ寂

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑