小さな子どもに楽しくスキーを教える方法【後編】

Masakiです。

予告より1日遅れのUPになってしまいました、すいません。世の中には1日に何回も更新している個人ホームページがあります。更新が仕事なのかな?って思うくらい… 今の私には無理ですね~(笑)

でも、オフシーズンはともかく、できれば来シーズンには週に9回更新くらいを目指したいね~ あくまで目標ですけど^^

さて…

icon-check-square スキーが初めての子供が滑るということ


2016.03.14a

今回は「小さな子どもに楽しくスキーを教える方法」の後編です。まだ、前編を読んでいない方は、まずコチラから前編を読んでみてね。

 
 
ステップ4:斜面を直滑降しよう

ここではステップ3から引き続き、「滑る」について書いてみます。

ボーゲンヘルパーを使って滑っても、コツを掴むのにどうしても時間がかかる子どもはいます。そんな、プルークスタンスの直滑降が難しいと感じている子どもには、手を広げる動作にあわせて足を広げるようアドバイスしてみて下さい。

2016.03.17a

やる気があるのに、これでもできない子どもには、手を上に上げて、背伸びを目一杯してから、勢い良く両手両足を広げるように伝えてみて下さい。

2016.03.17b

プルークスタンスで短い距離が滑れるようになったら、徐々に滑走距離を長くしていって、5mくらいまで伸ばしてみましょう。必ず毎回褒めてあげてね。

この段階では、まだ止まる練習をしていないので、止まる時はパパママが受け止めてあげます。

さて、5mくらい滑れたわけだから、次はやっぱり10mくらい滑らせ…

 
ないで下さい(笑)
 

5m滑れない子は、繰り返し「滑る」に集中して練習する必要があるけど、5m滑れたらさっさと止まる練習に移りましょう。じゃないと、スキーで止まるのは「パパママがやってくれる」って子どもが思うようになっちゃうからね。

 
 
ステップ5:止まってみよう

※ ここではプルークスタンスの姿勢を「ピカチュウ」と名付けたという前提で書きます。(前編のステップ3参照)

まず、プルークスタンスで止まった状態からスタートします。プルークスタンスを徐々に狭くしていくと、板が進みだします。動き始めて10cm進んだら…

 
はい、ピカチュウのポーズ!
 

と、言いながら子どもの目の前で、両手両足を広げてみてあげて下さい。きっと止まれます。この「10cm」が非常に重要です。「止める」という行為を人生で初めてやるわけだから、成功して自信を持たせるためにも可能な限り難易度を低くしてあげる必要があるわけなんです。

5m滑れたから、5m滑ってから止まるというのは絶対ダメ

10cmしか進んでないので、スピードはほとんど出てません。大人にとっては止まれて当たり前なのですが、子どもにとっては動いた状態から止まれた初めての瞬間なんですよ。当然、目一杯褒めてあげましょう。

めちゃめちゃ大事なことなので、もう一度言います。

10cm進んだら止めて下さい!

ちなみに、プルークスタンスを徐々に狭くしていくのが難しそうな場合は、「ちょっと歩いてみようか」と足踏みをさせると、自然とスタンスが狭くなり進むことが多いよ。

そして、次はこう言ってみます…

「今度はもうちょっとだけ沢山動いてから止まれるかな~?」

99%「止まれる」と言うでしょう(笑)

次は20cm、30cm、50cm、1mと、だんだん滑る距離を長くしていきましょう。5mプルークスタンスで滑れた子どもであれば、おそらく止まれると思います。

ただ、スキー場によっては、初級斜面といっても、ちょっと角度がキツ目の場所もあるわけで、こういった斜面では10cmでは止まれるけど、1mでは止まれないということも出てきます。

そういう時は、まず止まっている状態で、「小さなピカチュウ」と「大きなピカチュウ」をやらせてみよう。

小さなピカチュウ…スタンスちょっと狭め、手は縮こまっている

大きなピカチュウ…スタンス目一杯広く、手もこれ以上ないくらい広げる

で、止まった状態から「小さなピカチュウにして滑ってみよう」と言って滑らせます。1m進んだら「大きなピカチュウだっ」と目の前で両手両足を広げます。

さっきとやっていることはほとんど変わらないんですけどねぇ… 何故か止まれるんです^^ 小さい状態から広げるので、ほんのちょっとだけ雪を勢い良く掻き分けるからだと思います。

それでも、止まれない時には魔法の言葉を使いましょう!

魔法の言葉とは…

 
だ~る~ま~さ~ん~が~こ~ろ~ん~だっ
 

本当に魔法の言葉です(笑) ここまでやって、やる気のある子が初級斜面で止まれなかったことは一度もありませんから♪

 
 
ステップ6:曲がってみよう

現在、主に使われている子ども用の板は非常に優秀です。しっかりと板の特性を活かして子どもに曲がることを教えましょう。

子どもの真正面、5m程度離れたところにパパママが立ち、子どもに直滑降をしてもらいます。滑り出したらすぐに、パパママは左右どちらかに50cm程度移動し、「こっちにおいで~」と声をかけます。

これだけで曲がれることも結構あります。踏み変えようが、何しようが曲がってこれたら、「今、曲がったんじゃない?すごいね~」と曲がれたことを伝えて褒めてあげましょう。

5m進んで、50cm横に移動、これは正直ほとんど曲がってません、でも、褒めます。10cm滑って止まった時と同じことだね。

もちろん、曲がれないことも多々ありますので、その場合は再度挑戦です。今度はできるだけ、パパママの方に顔を向けるよう伝えてみて下さい。少し難しいかもしれませんが、可能であれば、胸をパパママの方へ向けるように言ってみてください。ウェアの胸に例えばハートマークが描かれていたら、「ハートマークを見せて~」と言うのも非常に効果的です。

体をヒネることがどうしてもできない子どもには、パンチをさせてみましょう。左に曲がるには、右手でパパママの方へパンチ、右に曲がるには左手でパパママの方へパンチだね。

パンチはしてくれないのに、アンパンチはしてくれる子どもは結構多いです(笑)

顔や胸をパパママの方へ向けているのに、パパママの方へ曲がってこれない子どもは、エッジが邪魔している可能性があります。

例えば、右足が利き足の子どもは、右に曲がりにくい傾向があります。体重が右足に多めに乗っているために、右板のエッジが立ってしまい、右に曲がろうとしても曲がってこれないのです。

こういう子どもには、飛行機のマネをさせるのがいいよ。

両手を大きく広げて、右に曲がりたい時は、左に大きく体ごと手を傾けます。左に曲がりたい時は、右に大きく体ごと手を傾けます。

2016.03.17c

手だけ傾いてると、全然曲がらないから、必ず体ごと傾けるように伝えてね。まずは必ず、止まった状態でこの傾きを練習して下さい。

ここで1つ大事なポイントなんだけど、最初は必ず1ターン毎で練習して下さい。左右への連続ターンは、左右1ターンづつなら曲がれるようになってからにしましょうね。

どうしても、曲がれない時は、パパママが先導して滑り、曲がるまでずっと待ってあげる練習をしてみましょう。

2016.03.17d

(1)の状態でスタートして、パパママが(2)のように先行して少しだけ曲がります。でも、子どもが全然曲がれなかったら、(3)のように子どもの真正面から少しだけずれた位置で先導して直滑降します。で、ずっと「こっちに曲がっておいで~」と呼びかけます。

絶対に(4)のように、子どもが大きく曲がる必要がある位置には行かないでね。高確率で、子どもの曲がる気がなくなります^^;

可能であれば、これはバックボーゲンでやって下さい。前編でも書きましたが、小さな子どもは、パパママの顔が見えている安心感が成長の大きな助けになります。バックボーゲンが難しい場合は、3秒に一回くらいは振り返ってあげて下さいね。

 
 
パパママが練習すべきこと

技術的にパパママに是非マスターしてもらいたいのは、とにかくバックボーゲンです。私がキッズレッスンをする時、95%くらいはバックボーゲンで滑ってたかな。

もし、後ろ向きには滑れるけど、後ろの障害物や人を避ける自信がない人は↓みたいにしてみるのも手です。

2016.03.17e

ママは振り返らないで、パパに障害物や人を見てもらうわけです。子どものレッスンに集中できるよ。

 
 
最後に

前編、後編でとりあえず、小さな子どもに初めてのスキーを教えるって前提で書いてみました。書いたことが絶対に正しいとまでは言わないけど、参考にしてくれたら嬉しいです。細かいネタや、初級斜面なら滑る、止まる、曲がるができるようになった子どもを更に上手くするレッスン方法とかまで、最初は書こうと思ったんだけど、とんでもない長さの文章になりそうだったのでやめておきました(笑)

いつか「小ネタ編」「目指せ中級者編」って感じで書こうと思ってます。まぁ、書けというオファーが殺到したら、近日中に書くかもしれませんが…^^

最後まで、読んで頂きありがとうございました。LEGIT WORKS管理人、Masakiでした。

 

Pocket

関連記事

小さな子どもと上手にスキーを楽しむ方法【前編】

Masakiです。 今日はLEGIT WORKS初の、投稿リライト(書き直し、修正)なんだ

記事を読む

ID OneのMR-Dがコブ初心者に勧められない理由って何?

Masakiです。 携帯を修理に出してみました。有償修理になる場合は、保証を使って、ほぼ新

記事を読む

小さな子どもに楽しくスキーを教える方法【前編】

子どもにスキーを教えるということ、小さな子どもに楽しくスキーを教える方法【前編】 Masakiで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑