THE KING OF BUMPSに参戦してきたぞっ

Masakiです。

今年は暖かくなるのが、ちょこっとだけ遅いですね。

第2の趣味の「釣り」に、まだ一回も行っておりません。でも、仲間は釣りだしてるからそろそろ出撃だな… って思っとります。

さて…

 

初代Kingは誰だ?

 

 

3月19日(日)に白馬さのさかスキー場で「第1回 THE KING OF THE BUMPS」が開催されました。

 

 

コブの滑走技術を競う大会… 文字通りTHE KING OF THE BUMPSが誰なのか決めるわけですな。

雪の状態によって、「上部の急斜面」または「下のB級公認バーン」で開催ってことになってたけど、今年はさのさかも雪が多く、B級公認バーンでの開催と相成りました。

朝8時過ぎから受付が始まり、ゼッケンを貰うと、9時からコースインスペクション開始、今回のコブは「人工的自然コブ」となっており、わざと不規則なコブを作ったみたい。

ちゅ~ても、前日に多くの人が滑ったので、結構揃っちゃってたので、「人工的自然コブ」というよりは、「不等ピッチ部分を含むモーグルバーン」って感じでした。

インスペ後に開会式が行われました。ここでルール説明があったんだけど…

 

 

 

「ジャッジの目合わせはしていない」

 

 

 

と発表がありました(笑)

公式な大会ではNGかもしれんけど、これ草大会だと面白いよね?^^

5項目の採点項目が事前に発表されているので、最低限の基準は確保されますが、ジャッジには基礎スキーヤーな人も、モーグラーな人もいるわけで、全員から高得点を出してもらうのは至難の業!

「絶対的に上手い奴が勝つ」みたいな、こんな状況は、結構燃えるものがありますっ!
 

開会式の最後に、ゲストランを披露してくれたのは…
 

 

齋藤勇洋さん
 

 

田中陸也さん
 

 

齋藤さんの滑りは本当にスムースでコブを滑っているように見えませんでした。コブが終わって整地を数ターンしたんだけど、これが半端なくかっこよかった(笑)

田中さんの滑りは、さすが本職って感じで、異常なまでに速いのに安定感が半端ない、しかもあとで聞いたら「抑えて滑ってましたよ」だってさ、さすが元ナショナルチーム^^;

 

左から齋藤勇洋さん、田中陸也さん、祓川貴広さん
祓川さんは今回の大会の総合プロデューサー

 

いよいよ競技開始、今回は第1回ということもあって、参加者は少なめの30人ちょいってとこ

ジュニア、女子、男子の順に予選滑走が行われました。

予選は2走1採なんで、滑りのスタイルや滑走スピードを変えて、予選チャレンジな~んてこともできたわけですよ。

Masakiは結構コブの大会に出ることが多いんだけど、この大会は比較的モーグラーが多いのが、印象的だったね。60%くらいがモーグラーだったと思う。

かぐらのコブ選手権に初めて出たときなんか、モーグラーは5%くらいだったもんね… 最近は少し多くなってきたけどね。

 

 

 

コースは4本あって、コブの深さはそれほど変わらなかったけど、間延び、クイックの状況が結構違う。

前日にはクイックがあったと思われるところが、クイック過ぎて誰も入れず、思いっきり間延びになっているコースとかもあったりして(笑)

出場者の皆さんのレベルは非常にバラエティに富んでましたな♪ 完走が目標であろう方から、明らかに上位を狙っている方まで色々な方が、大会という日常とはちょっと違う雰囲気の中、コブを楽しんでました。
 

大会の緊張感って、普段は味わえないですもんねっ

 
 
 
予選終了後、結果が張り出されました。ジュニアは全員、女子は5人、男子は10人がグランドファイナル(決勝)に駒を進めます。

グランドファイナリストによる、コースインスペクションが行われ、いよいよグランドファイナル開始です。

比較的参加人数が少ないとはいえ、コブ好きが集まった中での上位陣、みんな、結構なスピードでコブに突っ込んでいきます♪

その中には、元オリンピック選手だったり(モーグルではないよ)、スキー場支配人(しかも履いていたのはROSSIGNOL 4S、知ってる?)がいたりして、なんちゅ~かも~ね~、月並み過ぎる言葉だけど、楽しい雰囲気だったわけです(笑)

 


 
コース脇には、大会に参加していないギャラリーが結構立っていて、目立ちたがり屋にはいい感じの状況だったんじゃないでしょうか^^

全選手が滑り終わり、少し時間をおいて、表彰式が行われました。

特筆すべきは…
 

 

 

商品が素敵過ぎる♪
 

 

 

以前に比べて、スキーの草大会って商品がショボくなってると思うんだけど、結構豪華だったよ。

特に白馬さのさかスキー場から、シーズン券がジュニア、女子、男子の優勝者全員に出たのは結構驚いたね。
 

初めての開催ってことで、細かいところで気になるところはあったけど、と~に~か~く~雰囲気がほのぼのしてて楽しかった(Masakiはここを最重視します)

採点5項目に、1つづつ点数がつけられたジャッジペーパーも配布してくれるので、自分のどの点が評価され、どこが評価されなかったのかを把握できます。これは真面目に練習に取り組んでいるスキーヤーには有り難いサービスだよね♪

主催者の方も「来年もやります」と言い切ってくれたので、この大会はリピート確定です。

LEGIT WORKSをご覧の皆様も、是非、来年参加してみて下さいね~

 

Pocket

関連記事

スタイルを魅せろ! Japan Jr Freeski Open

Masakiです。 スキー用のヘルメットを持ってる人が増えましたよね。年間20日以上滑走す

記事を読む

凹凸を駆け下りろ、かぐらコブ選手権

Miyukiです。 この時期、会社にどの服を着て行こうかと毎朝悩まされます。『今日は暖かく

記事を読む

大会システムに注目! 2018 リエックスカップ

Masakiです。 3月ですね。卒業シーズンということもあり、身の周りにいる人の顔ぶれがあ

記事を読む

いよいよ『第53回 全日本スキー技術選手権大会』だね

Masakiです。 風邪をひいてしまいました。今冬は健康のまま終われる予感がしてたのですが

記事を読む

前夜祭も注目!アサマ2000スキー技術選手権大会

Miyukiです。 インフルエンザ流行ってますよね~ 感染警報なるものまで出てい

記事を読む

アサマ2000スキー技術選手権大会レポート

Masakiです。 先日、ある人がこのLEGIT WORKSを紹介する文章を書いてくれました。

記事を読む

SKI NOWのジャッジ!マッスルのMC!アサマ2000の技術選は要注目

Masakiです。 初投稿ですね~ 最初の投稿は挨拶のみでしたから。文章を書くことは、普段もよくし

記事を読む

伝統ある競技会 in 軽井沢プリンスホテルスキー場

Masakiです。 2月21日にブランシュたかやまに行くって、この投稿で書いたのですが…

記事を読む

その名も『アンダーアーマー Naeba CUP 2017』

Miyukiです。 先週末、久しぶりに白馬へ行ってきました。 いつもはそんなに大

記事を読む

モーグル ワールドカップ in たざわ湖 開催!

Miyukiです。 今年もやってくれました!ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅選手

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑